かわちょぶろぐ

三十路のヒゲ男がぶたさんグッズを集めていたりするブログ。

倉敷チボリ公園、煉天地、味なかがわ

倉敷で撮った写真 土日は岡山県>倉敷>美観地区&チボリ公園へ。チボリ公園のライトアップ、イルミネーションを見るのが目的だったけど、昼飯と晩飯食ったところ(「煉天地」と「味なかがわ」)がうまかったのが一番の収穫か。テキトーに撮った写真どもを Picasa ウェブアルバムで公開しているのでご覧あれ。

徳島から高速&瀬戸大橋で、倉敷まで2時間ちょいぐらい、近い! 瀬戸大橋を渡るのは初めてだぁと思ったけど、前にオソラカンにスノボに行ったときに通ったことを思い出して盛り上がり損。まぁ、前回は行きも帰りも車中で寝てたので、ちゃんと見るのは初めてってことで。

往復の車中では、こういうときのために買った FM トランスミッタを使って iPod で渡辺美里かけまくり。この FM トランスミッタ、パワーサポートで注文して買ったやつなんやけど、向こうのミスで放置されてて、注文してから届くまで一ヶ月以上かかった。モノは良い。

お宿は美観地区そばの「倉敷アイビースクエア」、紡績工場跡地を利用した、煉瓦にツタからまりまくりんぐなホテル。実は小学生のころに父親と一緒に行った記憶がかすかにあったので、それを確かめるためにここにした。中庭、お土産売り場前のところはたしかに記憶どおり。ここは倉敷チボリ公園のオフィシャルホテルになっていて、『チボリ公園パスポート券付プラン』、朝食付き、2人で 22,750 円。

写真:倉敷アイビースクエア

美観地区は、まぁ、よくこの区画をきっちり残してるなぁという感じ。アクセサリや似顔絵売ってる露店の人は排除した方がいい。

お昼は煉天地というイタリアンで。ブロッコリー&ベーコンのクリームパスタがまいう。ブロッコリーが固まりで出てくるんだと思いきや、ミキサーで砕いたのかジェノベーゼみたいな感じでビックリ。昼から赤ワイン&白ワインをグラスで。デザートのティラミスが、マスカルポーネふんわりーの、スポンジに染みこんだリキュールがふわりーので激ウマ。

写真:煉天地

帰ってきてから知ったんやけど、この店、元同じ会社の「うぐいす」さんの行きつけの店なんだとか。mixi にコミュ作ってた。奇遇だなぁ。こっちのこと先に聞いとけば良かった。

お昼食べたり美観地区ぶらぶらして写真撮ったりお土産屋のぞいたりして時間をつぶしたあと、倉敷駅を抜けて、倉敷チボリ公園へ。ライトアップを見るのが目的なので、遅めの時間から。倉敷駅のホントにすぐ隣にあるんやねぇ。

デンマークの街並みのコーナー(オールドコペンハーゲン)は、あいにくの曇り空のせいもあってか、閑散とした感じ。こっちはお土産や飲食店のコーナーなので、夕方は特に人が少ない時間帯だったのかも。もっと花が咲いてる頃に来ると、全体的に人が多くていい感じだったかも。冬でも花壇の手入れはシッカリしてたみたいだし。まぁ、今回はライトアップ見るのがメインなので良し。

写真:閑散としたオールドコペンハーゲン区画

暗くなるまで園内をひととおりブラブラ。6時前ごろから、あちこちで点灯開始。

写真:暗くなってきて、あちこちで明かりがつきはじめた

さっきの閑散としてたところも、明かりがついてイイ感じに!

写真:明かりがついていい感じになった

そしてメインのでっかいツリー全体に発光ダイオードのパワーが! てっぺんのハートマークがなんか恥ずかしいというか、ちょい痛いけど。観覧車に乗って上から公園全体の明かりを見る。

写真:観覧車から見たツリー

晩御飯はたまたま見つけて入った「味なかがわ」という創作フレンチ。ここが大当たり、うまい。前菜3種盛(トマトとモツァレラチーズ、手長エビのマリネ、ローストビーフの粒マスタード添え)、ホロホロ鶏のソテー、本日の魚のポワレ(ブリ、伊勢エビ、牡蠣、大根)、チーズとキノコのリゾットを食べた。さすがフレンチ系、ソースがしっかり。メインもうまいが、前菜やつけあわせの野菜もうまく、盛りつけもキレイでバリエーション豊富で見てるだけでも楽しい。

写真:創作料理・味なかがわ

リゾットもチーズ濃厚でうまうまやったし、一緒に頼んだワイン(シャトー・ピュイゲロー2002)とあってて良かった。

写真:シャトー・ピュイゲロー2002

日曜日は岡山市街に出て買い物。いろいろまわったけど、ピンと来る服、靴が無くて何も買わず。時計はいい感じのがあったけど、もう一押し足らず。