かわちょぶろぐ

三十路のヒゲ男がぶたさんグッズを集めていたりするブログ。

007 カジノ・ロワイヤル

『007 カジノ・ロワイヤル』を見た。新ボンド役にダニエル・クレイグ。新ボンドが 007 になるまでお話というので古くさい感じかと思いきや、細かい設定はどうでもいいらしく、小さい携帯電話や今風の PC が出てくる。あと、ダブルオーにはすぐに昇進するので、007 になったボンドが最初のミッションで傷付き真のスパイになる(?)とか、皆が知ってるあの「007」のキャラができあがる出来事を描いた、という方が正確なのか?

新ボンドのダニエル・クレイグはマッチョで、序盤から激しいアクションを見せる。最初の爆弾魔追跡シーンだけでも面白い。逃げてる爆弾魔の方がすごいんだけど(笑)。セバスチャン・フォーカンという「パルクール」の第一人者らしい。ジャッキー・チェンの映画かと思うほどのありえねー逃走と追跡。詳しいことは、超映画批評『007/カジノ・ロワイヤル』80点(100点満点中)を参照。

ポーカー勝負のラストもいいし、ボンド・ガール(?)のエヴァ・グリーンもキレイ。ダニエル・クレイグもマッチョなだけじゃなくて、タキシード姿が決まっていてかっこいい。映像もキレイ。難点をいうと、少しまとまりが悪いというか、細切れというか、直線的な盛り上がりに欠けるところかな。敵側のキャラにすごい悪者がいないせいかも。

前のピアース・ブロスナンの雰囲気も良かったと思うけど、ちゃんと見てないなぁ。ミシェール・ヨーが出てる『トゥモロー・ネバー・ダイ』とか。

007 トゥモロー・ネバー・ダイ アルティメット・エディション
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006/11/22)
売り上げランキング: 1106
おすすめ度の平均: 5.0
5 NEVER DIE
5 メディアの帝王