かわちょぶろぐ

三十路のヒゲ男がぶたさんグッズを集めていたりするブログ。

函館&大沼(2)坂と教会、朝市、五稜郭、六花亭

写真:函館・赤レンガ倉庫近くの観光名所案内看板

函館二日目は、早朝から坂道お散歩、朝市で海鮮丼、五稜郭、六花亭でスイーツ、イタリアンでワイン2本と盛りだくさんでした。函館の有名な建築物、教会や寺院やらは、どいつもこいつも「大火で消失、再建」ってのが多かったのが印象的でした。

朝起きて、まずは、チャーミー・グリーンの CM で有名な八幡坂(チャーミー坂)を登る。傾斜がきつくてけっこうしんどいけど、上からの景色はとても良い。坂の上にある函館西校は、サブちゃんこと北島三郎の母校として有名(と、どっかのツアーのガイドさんが説明していた)。

写真:八幡坂
写真:八幡坂の上から

八幡坂の上から、ブルーとイエローの外観が美しい旧函館区公会堂の前をとおり、はじっこの外人墓地を目指す。旧函館区公会堂は、思ったより青くなかったけど、キレイな外観の建物で、ここの前からの眺めも良かった。

写真:旧函館区公会堂

ぐーんと歩いてはじっこの外人墓地へ。ここは本日の MAX ガッカリ名所。思ってたよりこぢんまりしてるし、名所・観光地っぽくないし、んー、こんだけ歩いたのによぅ。

写真:正教系の外人墓地にあった何か

来た道を引き返し、旧ロシア領事館の外観を眺め、いろんな坂の上からの景色を楽しみ、旧函館区公会堂の前の基坂(もといざか)まで戻ってくる。旧イギリス領事館)の中の喫茶店でお茶&ケーキで一休み。八幡坂の上まで戻り、さらに進んで有名な教会をいくつか見る。

ハリストス正教会

写真:ハリストス正教会

聖ヨハネ教会

写真:聖ヨハネ教会

カトリック元町教会

写真:カトリック元町教会

ひととおり名所を見て回り、お腹もすいたので、市電に乗って函館駅前、函館朝市へ。朝市っても昼もやってる。巴丼(ともえどん)とかいう三種盛り海鮮丼で有名らしい「きくよ食堂」へ。何を盛るかは自分で選べる。ウニ/カニ/エビをチョイス。のり様はウニ/イクラ/ホタテをチョイス。ミニ巴丼のセットにしてホッケをつけた。う・まいうー。北の港町に来たーって感じ。近くのカニ屋では、4,000 ~ 5,000 円のカニ様が、水槽からの脱走をはかっていたような。

写真:逃げるカニ

函館駅前からふたたび市電に乗って、次は五稜郭。まずは五稜郭タワーにのぼり、上から星形を確認してから。五稜郭タワーの展望室は、写真のように傾斜が付いてるので、真下がよく見え、かなり怖い。五稜郭の中は普通だな。タワーを作って正解だと思われる。

写真:五稜郭タワーを下から
写真:五稜郭タワーの展望室から真下を
写真:五稜郭タワーの展望室から見た、五稜郭全景

五稜郭全景写真がうまくとれんかった。ホントに星形なんだってのは、ウィキペディアに載ってる NASA の衛星写真とか、Google マップの航空写真なんかで確かめよ!

五稜郭をぶらぶらした後は、すぐそばの六花亭で、栗入りのティラミスなどのスイーツ堪能(カフェ併設のお店)。六花亭って、あれですよ、チョコレートとか、マルセイバターサンドで有名なところ。

写真:六花亭の看板

ベイエリア、赤レンガ倉庫がある方に戻ってきて、晩飯を食うところを探す。なんだかしらないけども、バル街とかいう、いろんな店で一杯&一品飲み歩くみたいなイベント中で、どこの店もいっぱい。しかも、一見の観光客にどういうイベントなのか説明してくれない不親切っぷり(「バル街の客?違う?じゃぁ今日はいっぱいなので……」みたいなあしらい)。観光都市ちゃうんかい。かなりイメージダウン。

ワインが飲みたかったのと、昼が海鮮丼だったので夜は洋食がいいなぁってことで、イタリアンゴーゴーとかいうお店へ。1時間ぐらい待つ必要があるってんで、待ってる間、赤レンガ/はこだて明治館の方にあった足湯へ。朝から一日中歩いて疲れたので、めっちゃ気持ちいい。まわりの飲食店でタオルが売られているようで、手ぶらでも行けそう。

足湯の後、少し待ってようやく晩飯。海の幸のパスタとチーズ盛りと、後は何を食ったか細かいところ覚えてないけど(何せこれ書いてるの10/4だし)、うまかった。イタリアのワインが充実、赤ワインを 2 本もあけてしまった(たぶん、ウマニ・ロンキのモンテプルチアーノ・ダブルッツオとノッツオーレのキャンティ・クラシコ)。酔いすぎて、ホテル帰って、六花亭で買ったお菓子を食べることなく、バタンキュー。